持続可能な消費と生産に向けて

「JEMAI環境ラベルプログラム」は「エコリーフ環境ラベル」と「カーボンフットプリントコミュニケーションプログラム」を統合し、2017年4月より運用を開始しました。

多様な環境領域を評価する「エコリーフ」と気候変動のみの開示を行う「カーボンフットプリント」
データ収集から宣言の登録公開までのプロセスを共通化し、どちらの宣言にも対応できるようになりました。

従来のエコリーフ環境ラベル

製品・サービスの全ライフサイクルにわたる環境負荷を定量的に開示するプログラム。

サイトはこちら

従来のCFPプログラム

製品・サービスの全ライフサイクルで排出される温室効果ガスの排出量を「見える化」するプログラム。

サイトはこちら